« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月

スイッチ

教師は、生徒達の前で、自分の感情

見せたら負けだと、よく言われます。

生徒達は、どのスイッチをどう押せば、

教師が冷静さを失い、怒り、感情的

なるのか、よく知っているからです。

教師が、むきになって怒れば怒るほど、

生徒達の気持ちは冷めていき、生徒と

教師の間にができていく・・・

わかってはいるんですけど、疲れてたり、

睡眠不足だったりする時は、どうしても

自分の感情コントロールできなくなり、

「あんた達、いい加減にしなさいよ!」

と、ついつい怒鳴ってしまいたくなります。

今日も、9年生を教えていた時、思わず、

大声で、感情的に生徒を叱っちゃったら、

その後の10年生の授業で、生徒達に、

「先生、泣いたんだって?」

と、聞かれてしまいました。

は?! 泣いてないよ。 ていうか、

泣くはずない! 馬鹿にすんなよ!!

でも、生徒達に、一瞬、冷静さを失った

ことを見抜かれてたんだなぁ~と思い、

反省さえられましたが・・・ 未熟者だ~。

(すいません、今日は、PCの調子が悪く、写真UPできません。)

 ← 応援クリックお願いします♪

| | コメント (0)

理想の教師像

さあ、今日のお題は、理想の教師像

私が、オーストラリアで学生を始めた頃、

私の誕生日が送ってくれた本が、

灰谷健次郎さんの「天の瞳」

私が好きだろうと思って、が選んだ

この本は、私のツボにはまり、あれから

バイブルのように、何度も読みました。

腕白な子供達が成長する姿を描いた

長編小説なんですが、ここで、子供達に

好かれるのは、教師らしくない教師

いばらない、かっこつけない、説教しない、

時々、ばかなことをする、などなど。

反対に、嫌われるのが、問答無用

教師になる前は、うんうんと頷きながら、

共感しながら読んだ本ですが、最近は、

現実の世界と照らし合わせると、内容が

厳しすぎて、読むのが辛い時も・・・

例えば、

“教師は、学校の生活と個人の生活を

切り離しちゃいけない。” とか・・・

“努力している、一生懸命やっている

なんて言っている教師は、自分を甘や

かしているんだ。” とか・・・

厳しい~。 心にグサッときますねぇ。

でも、あ~、きついなぁ~と思う時でも

外に出れば、この景色。

100_1355

こんな景色を見てると、私の悩みなんて

案外小さいもんだと思えてくるのです。

← 応援クリックお願いします♪

| | コメント (0)

晴れのち曇り

毎週火曜日(昨日)は、車で45分の隣町の

小学校で、午前中教えています。

昨年&一昨年、教えていた私の前任の先生

(オージー)は、ここが一番苦手だったらしい。

毎週火曜日は、憂鬱になり、帰る時には、

「もう、二度と戻って来たくない!!」

と、何度も思ったんだとか・・・

なので、よく他の先生に、この小学校の様子を

聞かれたりしますが、今年はノープロブレム

むしろ、私の一番好きな学校だったりします。

まぁ、去年授業態度に問題があった生徒達が

卒業したからというのもありますが、今年は、

日本語の授業を楽しみにしてくれる生徒達が

多いし、やんちゃな子達もいますが、素直

反応が面白く、教えていて楽しいんです。

昨日も、校長先生から、今年の日本語は、

「Very Very Very GOOD!」

と、 “Very” 3つもいただいちゃいました。

まぁ、この学校の卒業生は、みんな、私が、

メインで教えているDistrict High School

進学したので、私は、Secondaryを教える

月曜、木曜、金曜に悩まされてますが・・・

100_1376

さっきまで晴れていたのに、雲行きが・・・

私の心も晴れたり曇ったりと、忙しいです。

 ← 応援クリックお願いします♪

| | コメント (0)

LEMSIP

昔から、朝よりも夜強い夜行性なので、

私の生活は、不規則になりがちです。

最近、夜更かしをする日が続いたので、

やばいかなぁ~と思っていたら、案の定、

風邪をひいてしまったようです。

今年で、在豪歴8年目になる私ですが、

実は、ありがたいことに、今まで、1度も

こっちで医者にかかったことがありません。

今回のように、軽い風邪をひくことは、時々

ありますが、そんな時は、オーストラリア

来たばかりの頃に、友達に教えてもらった

これを飲めば、大丈夫!!

100_1374

ジャン!! LEMSIP!!!

粉末をお湯に溶かして飲むホットレモン

けっこうおいしくて、味も好きなんですよね。

今日は、これを飲んで早く寝ようと思います。

 ← 応援クリックお願いします♪

| | コメント (0)

噂が本当に・・・

また、新しい週が始まりましたね。

さて、先週の記事で、タスマニア出身の

先生が、1週間ほど病欠していると書き

ましたが、今日から出勤してきました。

でも、まだ顔色が悪く、機嫌も悪そう・・・

PDにも一緒に行った新卒同士なので、

「大丈夫? まだ、顔色悪いけど・・・」

と、声を掛けると、寄って来て小声で、

「私、決めた! 今学期末で辞める!」

5週間後には、辞めたいという理由は・・・

私は、1週間以上休むほどの病気

なったことがないのでわかりませんが、

彼女は、微熱が続き、が涙目になり、

がつまり、病院へ2回も行くほど

病気で苦しんでいたらしいのです。

でも、学校側は、教師不足で厳しいのに

1週間も休んでもらっちゃ困ると、何度も

出てくるようにと催促電話をしたらしい。

それに腹を立てた彼女は、最後には、

労働組合に連絡をしたんだとか・・・

まぁ、校長も、教頭も、他の教師達に

しわ寄せがいかないようにと必死だった

んだろうけど、病気で弱ってる時に、こんな

対応されたら、キレちゃうのもわかる・・・

「ここにいなきゃいけないわけでもないし。」

だよねぇ。 私と違って自由の身だもんねぇ。

学校の対応が悪いから教師が辞める

っていうあの本当になりそうです。

100_1368

庭に、いつの間にか花やつぼみが・・・

100_1370

って、これは、雑草ですかねぇ?

 ← 応援クリックお願いします♪

| | コメント (0)

本当の理由

今日は、授業後に、RADDに参加しました。

RADDというのは、職員室で開かれる私達

教師の井戸端会議です。

そこで、衝撃の事実が明らかに・・・

NSW州から来る予定だった先生の話は、

白紙になったというのを昨日書きましたが、

どうやら相手のドタキャンではなく、うちの

学校から断ったらしい。 なんで~??

理由は、学歴は、すばらしかったけど、

実践(Behaviour Manegement)に

問題があったため・・・ なんだとか。

確かに、うちの学校は、マシな方らしい

けど、それでも、問題は絶えません。

私は、隣町の小学校で教えていたので、

知りませんでしたが、水曜の朝に、かなり

大きなけんかもあったみたいだし・・・

日本語の授業でも、正直、Secondary

生徒達の態度の悪さには悩んでいます。

日本語を重要視していない生徒達が多い

から、授業態度が悪いのかと思ったら、

教師歴2年の数学の先生(男)の授業でも

生徒達の態度は、かなり悪いらしいのです。

私の未熟さも原因の1つだとわかっている

ので、経験から学ぶしかありませんが・・・

Secondaryを教える月曜と金曜は、朝から

憂鬱になる私。 やばい、逃げ腰だぁ~。

100_1367

昨日の写真と同じ風景を違う角度から。

 ← 応援クリックお願いします♪

| | コメント (2)

残念なことに・・・

今朝の全校集会で、校長先生から

こんな発表がありました。

「NSW州から新しい先生が来るという

話は、残念なことになくなりました。」

ドタキャンですか?!

2学期にもあったんですよね、こういうこと。

一度引き受けておいて、断った理由は、

一体、何なんでしょう???

そして、2学期の3週目から働き始めた

タスマニア出身の新卒の先生は、今週は、

ずっと体調不良を理由に休んでいます。

私も、今週の月曜日は、病欠したし、また、

悪い噂が立ちそうな予感がします・・・

私の時は、今いる学校で働くという条件で

DET(Department of Education&Training)が、

4年のビジネスビザを発行してくれたので、

なら、日本へ帰るしかないわけです。

だから、他と比べて、環境雇用条件

不満を持ったりしたことはありませんが、

(新米教師ならではの悩みはありますが・・・)

オージーの先生達には、選ぶ権利があります

からねぇ。 魅力的な職場じゃないのかも・・・

100_1365

家への帰り道に、あんまりきれいだったので、

写真を撮ってみました。 って感じですね。

 ← 応援クリックお願いします♪

| | コメント (0)

ゴシップ

今週いっぱいで辞める先生が、また1人

2週間前に理科の先生産休に入った

ばかりだし、またまた、教師不足です。

一応、NSW州から新しい先生が1人来る

予定ですが、まだ、いつ来るのかは未定

先日の職員会議で、校長先生から

「今、巷で、学校側が協力的じゃないから、

不満がたまり、辞めてしまう教師達が多い

というゴシップが流れています。」

と、いう話が出ました。

そうなんだぁ~。 そんな悪い評判が・・・

最近、パブへ行ったりしてないので、全然

知りませんでしたが、こういう小さな田舎

町のゴシップって広がるのが早いから恐い。

「私達に何かできることがあったら、何でも

言ってほしい。 力になるから!!」

と、校長先生は、話を締めくくったけど・・・

明日は、朝、全校集会があります。

毎回、全校集会では、Primaryの各クラス

から数名、Secondaryの各科目から数名が、

選ばれ、みんなの前で、表彰されます。

私も毎回、日本語のクラスのPrimaryから

1名、Secondaryから1名、選びます。

結構シンプルなCertificateなので、シール

などで、飾り付けをすることになってますが、

1学期は勝手がわからず、私がはったのは

日本語のシール2枚だけ。

でも、後で、他の先生達のを見て、ビックリ!

これでもか!ってほど、惜しげもなく、シール

ベタベタキラキラはってあり、超豪華!

あれと比べたら、私のは、かなり質素だった。

今回は、ちょっと多めにシールをはってみたけど、

まだ、ショボいかなぁ・・・  色彩感覚の問題?

100_1364

生徒のやる気につながることを願って、

明日の全校集会で、渡したいと思います。

 ← 応援クリックお願いします♪

| | コメント (0)

山あり谷あり

PDに参加して、他の教師達と話すと、

「みんな、がんばってるなぁ~・・・」

と、刺激を受ける反面、

「私は、何をやっているんだろう?」

と、自分を振り返り、反省したりします。

実は、先週PDの後も、自信がなくなり、

週末に、今週の授業プランを立てようと

思っても、考えれば考えるほど、頭が

真っ白になり、結局、何も良い案が

浮かばないまま、気が付いたら、

月曜日朝7時

しかも、夕飯に食べた物が古かったのか、

お腹の調子も悪く、ピーピー(すいません・・・)。

教師不足だし、無理してでも行くべきかと

悩みましたが、昨日は、Secondaryの生徒を

教える日だったので、精神的にも体力的にも、

自信がなく、教頭に電話して、休むことに。

でも、自分の弱さに負けた感ありあり・・・ 

気を取り直して、迎えた今日は、2つの

学校で、小学生を教える日。

朝、学校につくと、何人かの生徒達が、

「こんにちは、先生。」

と、日本語挨拶をしてくれ、

「Yes! It's my favourite subject!!」

と、私の顔を見て喜んでくれる生徒も。

癒されるぅ~! かわいいぞ、小学生!

神様からのエール?と思うほど、その後も、

授業を見ていたリリーフの先生から

「You are a great teacher!!」

と、お褒めの言葉をもらったり、生徒から、

「You are the best teacher I've ever had.」

なんて、嬉しいことを言われたりして・・・

教師1年目は、山あり谷あり。 

自分は教師に向いてないんじゃないかと

凹む日もありますが、今日みたいな日が

あれば、また、がんばろうと思えます。

100_1362_2

100_1363

 ← 応援クリックお願いします♪

| | コメント (0)

本音と建前

さっき、PD(Professional Development)

から帰って来ました。

今日は、Mid West District(私のいる地域)

外国語教師ばかりが集まるPDでした。

日本語インドネシア語アボリジニ(原住民)

の言語の先生達10名程が来ていました。

同じようなトピックについて教えている先生達と

話して、新しい授業のアイディアをもらったり、

自分より経験のある先生達に悩みを聞いて

もらったり、私が提案したアイディアも誰かの

役に立ったりして、色々刺激されました。

最近PD続きの私ですが、PDでは、いつも

先生達の本音建前が聞こえてきます。

すごくためになりますって感じで、楽しそうに

聞いていても、講師が席をはずした途端、

「私、あの人、嫌い! だって、彼女の

提案する方法は、私の学校では、全然

使えないもの。 ハァ~(ため息)。」

とか・・・ 確かに、学校の規模生徒達

公立私立かによって、効果的な教え方

は違ってきますからね。 

誰にでもフレンドリーに見えるオージー

にも、本音建前は、あるのです。

私は、言われたことは、言葉通り

取ってしまうタイプ(天然ボケ)なので、

「そっかぁ、今までのは、建前かぁ~。」

と、妙に後で、納得したり、

「うゎ~、これが本音かぁ。 キツ~。」

と、豹変振りに驚いたりします。

すぐに、本音が顔に出てしまう私には、

真似できませんが、これも処世術ですね。

100_1355

通勤途中でパチリ。

 ← 応援クリックお願いします♪

| | コメント (0)

リリーフ

今日は、昨日の反省をいかして、ちゃんと

やっている生徒達を褒めるようにしてみたら、

生徒達の反応がちょっと良くなり、教えている

私の表情も柔らかくなったような気がします。

さて、今日は、リリーフ(代行教員)の話です。

実は、先週に引き続き、私は、明日も、PD

(Professional Development)で、ジェラルトン

へ出かけます。

その間、日本語のクラスは、どうするかというと、

通常は、リリーフの先生を雇います。

でも、教師不足が続いている今日この頃、

リリーフが見つからない時も多々あります。 

そういう時は、どうするかというと、他の教科

の先生で、手の空いている先生に頼むんです。 

つまり、普段は、授業の準備休憩をして

いる時間を割いて、リリーフをしてもらう。

先週のPD2日間は、後から聞いたら、

教頭先生を始め、ベテランの先生方4名が、

日本語クラスリリーフをしてくれたとか・・・

その先生達1人1人から、生徒達の様子

授業の事後報告を受けるたびに、私は、

「ひぇ~、ご迷惑をかけて、すいません。」

と、なんとなく小さくなってしまいました。

ほんと、最近、休みづらいです・・・

明日は、朝の6時出発で、ジェラルトンへ。

カンガルーをひかないように気をつけます。

100_1356

ある日、生徒の1人が、こう言いました。

「僕のうち、ウェイギューがいるんだよ。」

ウェイギュー? なんだそりゃ???

と思ったのですが、正解は・・・

クリックして写真を大きくしても豆粒大ですが、

遠くに写っているこれ! 和牛でーす!

西豪州でも、飼育してるんですねぇ。

 ← 応援クリックお願いします♪

| | コメント (0)

信頼関係

先週、ジェラルトンPDで出かけた際、

帰りに、スーパーで買い物をしました。

その時、偶然、私のいる学校で、去年

日本語を教えていたオーストラリア人

先生に会いました。

彼女が、開口一番に言った言葉は、

「私、もう、先生じゃないの。」

仕事の愚痴を言い合った仲なので、

「どうして?」

とは聞きませんでしたが、ビックリ!

今日、私の学校のベテランの先生

そのことをチラッと話してみると、

「残念だけど、驚きはしないわね。」

という答えが返ってきました。

「彼女は、去年も生徒達と色々あったし、

信頼関係が築けなかったからねぇ。」

思わず、ドキッとしました。

信頼関係・・・

私と生徒達との関係はどうなんだろう?

それから、そのベテランの先生は、

「確かに、あの子達を教えるのは、

イライラがたまったり、時間のムダだ

と思える時もあるけど、授業態度が

悪いのは、ほんの一部の生徒だけ。

大部分は、ちゃんとやってるのよ。」

と続けました。 私もこれには、賛成

ついつい、数人の授業態度に問題がある

生徒達に振り回されると、今日の授業は、

最悪だったなぁとんだりしますが、後で、

落ち着いて、振り返ってみると、大部分

生徒達は、ちゃんとやっていたりします。

それを認めて、きちんと褒めてあげないと

生徒達と信頼関係なんて築けません・・・

今日は、ちょっと反省させられました。

100_1357

校庭の片隅にある日時計。

 ← 応援クリックお願いします♪

| | コメント (0)

DETへの不満

昨日のブログで、多くの教師達が、DET

(Department of Education & Training)

不満があると書きましたが、今日は、

そのことについて、もう少し書いてみます。

まず、教師には、常勤教師非常勤教師

2種類がいます。 私立と違って、公立

学校では、DETが仕事を振り分けるのですが、

常勤教師から優先に仕事が与えられます。

つまり、非常勤教師達は、毎年、年末には、

次の年の仕事があるかどうか、ギリギリまで

わからず、やきもきすることになります。

では、どうしたら、常勤教師になれるのか?

DETは、田舎で働くのが近道だと言います。

田舎で2年働けば、常勤教師の資格が取れ、

2年後は、優先的に仕事を与えられるので、

自分の希望する地域、学校で働けると・・・

でも、実際には、2年後シティ近郊に戻り、

希望する学校で、仕事を得た人はです。

それと、Clear Vacansy(欠員)の仕事で、

2年間働けば、常勤教師になれますが、

産休や、長期休暇中の教師の代わりに

何年働いても、常勤の資格は取れません。

現に、私の学校の教頭先生は、10年以上も

そこで働いてますが、非常勤の扱いです。

田舎に教師を呼ぶために、これを改善しようと、

やっと、最近、DETが動き出したようですけどね。

まだまだ、田舎での教師不足は続きそうです。

100_1354

通勤時に見る景色は、こんな感じです。

 ← 応援クリックお願いします♪

| | コメント (0)

やりがい

私は、今年の1月末に、田舎へ引越し、

4つの小さな町で日本語を教えています。

この6ヶ月間で、私の教えている学校で、

2人の教師が、急に、辞めてしまいました。

みんな、1年、または、それ以上の契約

働いているはずなのに、ビックリ!!

「辞めます!」と言って、2週間後には、

辞めるなんて、仕事がになったの?と、

思いましたが、学校では、聞きづらくて・・・

でも、PD(Professional Development)で、

一緒になった他の教師達に聞いてみました。

すると、やっぱり、原因は、ストレス?!

本人に聞いたわけじゃないので、本当の

ところは、本人にしかわかりませんが、

1人の教師は、学校を去る前に、黒板に、

“Mental math mentally retired.”

と、書き残して去ったらしいです。

自分の退職と、精神的に、暗算もできなく

なったことをかけたジョークかなぁ?

(オージーの教師達は、爆笑だったし・・・)

日頃から、お酒の量が多く、その日も、

かなり酔っ払っていたみたいですから。

DET(Department of Education&Training)

は、おいしいことを言っては、田舎

教師を送るけど、言った事と現実は、

違うため、教師達の不満爆発!

PDで会った新卒教師達も、DET

システムや学校に、不満タラタラ!

新卒だからとか、まだ、未熟だからと、

自分に引け目を感じたりせず、自分の

仕事に自信を持ち、自分の権利

堂々と主張するオージー達。 だから、

みんな、不当な扱いをされていると

感じたら、すぐに辞めちゃうんでしょうね。

仕事にやりがいを感じている教師は、

いったい何人ぐらいいるんだろうか??

100_1353

 ← 応援クリックお願いします♪

| | コメント (0)

エスケープ!

ジェラルトンで開かれた新卒教師のための

2日間のPD (Professional Development)

に参加し、8時頃、帰ってきました。

実は、こういうPD、結構好きです。

パースやジェラルトンでPDがある時は、

ホテルに泊まったりして、リゾート気分

今回のホテルも、結構、豪華でしたよ!

100_1349

100_1351

キングサイズのベットがある部屋が1つ、

シングルベッドが2つある部屋が2つの

3ベットルーム。 (1部屋は、ロフト

バスルームが2つ。 (1つは、スパ付き)

トイレが2つ。 台所用品も全て揃ってるし、

食器洗い機や、洗濯機までありました。

それに、外には、バーベキューの設備や、

スイミングプールまであり、至れり尽せり。

PDじゃなくて、プライベートだったらなぁ。

でも、PDだからこそ、宿泊費食事代

ガソリン代学校持ちなんですけどね。

普段、田舎小さな町に住んでいる私達。

久しぶりのシティで、はじけてしまいました。

PDの1日目が終わった途端、買い物へ。

それから、パブで他のPD参加者達と合流。

ディナーを食べたら、夜8時から映画を見に

行き、その後、また、パブへ戻り、夜中まで。

ホテルへ戻ったら、もうクタクタで、ベッド

直行。 でも、すごく、楽しかったです。

PDの内容自体は、ためになったかどうか、

ちょっと疑問でしたが、同じような状況で、

奮闘している新米教師達愚痴るのは、

楽しかったし、気分になりました。

 ← 応援クリックお願いします♪

| | コメント (0)

高校生

私が住んでいる町では、10年生を終えると、

パースやジェラルトンの全寮制の学校へ移る

または、就職する生徒が多いので、日本での

高校生にあたる11年生、12年生の生徒は、

ほんの数人しかいません。

私の仕事は、4つの学校の仕事を合わせて

フルタイムになるように組んであり、メインの

学校では、日本語の授業を週に8時間プラス

2時間何かを教えなくてはなりません。

そこで、教頭が考えてくれたのが、11年生&

12年生自習の時間のスーパーバイザー。

たったの5人の小さなクラスだし、高校生だし、

楽な仕事だと思っていたら、これが大間違い

インターネットでゲームをしたり、動画を見たり、

音楽を聞いたりと、やりたい放題

注意をすると、平気な顔をして、課題のための

リサーチだと言ってのける。

そんな嘘が通用するわけないでしょ!

何度注意しても態度を改めなかった生徒を

コンピューター使用禁止にしたら、逆切れ

「俺を怒らせるな。 俺に話し掛けるな。」

と、脅しのつもりか、大きな声で怒鳴る!

完全に人をなめてる。 ここでびびったら、

私の負けだと思って、こっちも大きな声で、

「ここでは、私のルールに従ってもらう。

それができないなら、校長室へ送る。」

と言ったら、怒って出ていってしまった。

放っておくわけにはいかないけど、教室を

離れることもできないので、他の生徒を

送って、校長伝言をしてもらいました。

数分後、その出て行った生徒は、無事、

教室に戻され、残りの30分は、私の目の

前の席に座り、大人しくしていました。

ほんとに手が掛かるんだから! なんで、

もっと上手に生きられないんでしょう?

わざと逆らって、目立つことをしなければ、

私に注意されることもなかったのに・・・

100_1346

100_1348_2

今学期のテーマは“食べ物”なので、

日本語の教室に、こんな飾りをしました。

明日、明後日は、ジェラルトンで行われる

PD(Professional Development)に、

出るので、更新は、お休みします。

 ← 応援クリックお願いします♪

| | コメント (0)

Tourette's Syndrome

今日は、火曜日、Early Close の日です。

生徒達は、いつもより少し早い2時20分

帰れますが、私達教師は、職員会議の日。

今日の話題は、Tourette's Syndrome

聞いたことありますか?

実は、ある男の子が、この病気なんです。

それに、ADHDでもあります。

筆記用具やファイルをいつも持参しない、

授業に集中できない、おしゃべりが多い、

黒板に書かれたことをノートに写さない、

宿題をやってこないなど、彼の行動は、

一見すると、だらしがないやる気

ない、反抗的と取られがちです。

でも、これらが、全て病気の症状だと

したら、どうでしょうか?

本人の意志とは関係なく、無意識

やってしまう行動だとしたら、それで

一番苦しんでいるのは、なのです。

実際、彼は、そんな自分が嫌いだと

ある先生に話しています。

今日は、スクールサイコロジストから

この病気の説明対処法などを聞き、

みんなで色々話し合いました。

生徒達の問題行動の裏には、いつも

理由がある。 忘れないようにしないと。

もう1つの話題は、またまた教師不足

今週で、Secondary理科の教師

産休に入るのに、代わりの教師が、

まだ、見つかっていません。

Department of Education & Training

は、あてにならないので、校長教頭が、

友達、知り合い、隣町、大学などなど、

可能性を全部あたっているそうです。

見つかればいいですが、もしダメなら

2つのクラスを1つにまとめるかも・・・

どうなるのか、ちょっと不安です。

100_1326

写真は、2学期にドラマの生徒達が

上演したミュージカル“アニー”

 ← 応援クリックお願いします♪

| | コメント (0)

ドライビングコース

2学期末に行ったドライビングコース

について、今日は、書いてみます。

私は、日本では、運転をしたことがなく、

パースに来てから、免許を取りました。

先学期のある日、校長先生から

“ディフェンシブドライビングコース”

というのに参加するようにと言われた時、

そんなに私の運転は下手なのかなぁと

少し凹みましたが、それは、ほぼ毎日

車を使う私が、少しでも安全な運転

技術を身に付けられるようにという

学校側の配慮からでした。

コースは、朝8時半から4時半までの

1日コースで、その日の参加者は8人。

100_1325

3つのグループに分かれて、まずは、

人工的にタイヤをスリップさせられる

車を使い、スリップした時のハンドル

さばきの練習をしました。

それから、急ブレーキを掛ける時の

注意点をいくつか教えてもらいました。

次に、教室に入って、パワーポイントや

ビデオを見ながら、講義を受けました。

最後に、また、3つのグループに分かれ、

路上で安全な運転の仕方を復習

この路上運転では、車を運転しながら

自分の周りに、どんな危険があるのか

説明しなさいというものでしたが、私は、

運転しながら話すのが大の苦手・・・

運転に集中すると話せないし、話すと

運転に集中できなくなる。 不器用?

運悪く、トレーナーとの相性も最悪で、

隣で、何か話せと、ガミガミ言われれば、

言われるほど、余計、頭が真っ白に。

結局、私だけが、その最後のテストに

落とされ、ホリデー中に、もう一度、

路上運転だけ、やり直すことに・・・

落とされるとは思っていなかったので、

最初、意味がわかりませんでした。

だって、私、免許、持ってるんですよ。

そのコースに落ちたからって、免許が

取り消しになるわけでもなく、こっちは、

お金を払って受けたコースなのに・・・

納得いかなかったけど、しょうがない。

ホリデー中に、ちゃんと行きましたよ。

予約を入れ、行ったにも関らず、受付

おばちゃんに話が通じなくて、イライラ

「免許持ってるのに、なんで再テスト?」

私が聞きたいんですけど、その質問!!

その時は、のトレーナーがついてくれ、

結果は、ノープロブレム。(当たり前!)

絶対、前回トレーナーが悪いと思う。

 ← 応援クリックお願いします♪

| | コメント (0)

必須 or 選択

先日参加したPDでの出来事です。

9年生のターゲットレベルは、8段階の中の

レベル3ですが、この見極めがとても難しい。

先生によってレベルのとらえ方が違うのです。

そこで、ある先生が、具体的なレベル3の例を

自分の生徒のサンプルを使って説明しました。

そこで、まず、出た質問は・・・

「日本語は、必須ですか? それとも選択?」

ここ、重要なんです!

学校によって、日本語は、必須科目だったり、

選択科目だったりします。

答えは、その学校では、選択科目!

日本語が必須科目の学校の教師達から、

あ~、やっぱりねぇという感じの声が・・・

つまり、日本語が必須の場合、サンプルの

生徒のようにはいかないということです。

日本語が必須科目の学校の日本語教師は、

生徒のモチベーションの低さに悩んでます。

私も生徒達から聞かれたことがあります。

なんで日本語を勉強しなきゃいけないの?

私も昔そうでしたが、自分の意志ではなく、

させられていると思ってる間は、勉強なんて

つまらないものです。

特に、田舎の子供達は、自分には、日本語

なんて一生必要ないと思ってるんですから。

今の場所で教え始めたばかりの頃は、例え、

1人でも、2人でも、日本語が好きだという

生徒が増えてくれれば、それでいいと思って

いましたが、今は、生徒のやる気のなさ

時々、めげそうになります。

小学生達は、何を教えても楽しんでくれ、

目をキラキラ輝かせて喜んでくれるのに、

なんで中学生達は、ああなんでしょうか?

他の学校の日本語の先生達と話していて

驚いたのは、他のSecondaryの学校では、

日本語も週2、3回は授業があるということ。

うちは、週1回、1時間だけ、しかも、行事で

つぶれたりすると、1学期に6回しか授業が

できないこともあったと言うと、逆に驚かれ、

なんでそれでも日本語を教えているのかと

みんなに聞かれてしまいました。

う~んんん。 確かにそうだ~。

絶対、日本語は重要視されてないと思う。

たぶん、今年、私がこの町に来なかったら、

日本語の教師が見つからないことを理由に、

日本語教育は廃止されていたと思います。

あぁ~、なんか空しいなぁ~。

また、ジェラルトンの海でも見に行こうかなぁ。

100_1319

やっと週末! 週明けには浮上できるよう

たっぷり充電します!!

 ← 浮上できるようクリックを♪

| | コメント (0)

境界線

私は、境界線を引くのがとても下手です。

例えば、仕事プライベート

教師の仕事は、家に仕事を持ち込まない

というのは、とても難しい気がします。

ベテランの先生達は、家事も仕事も上手く

両立しているのかもしれませんが、私は、

家でくつろいでいても、常に翌日の授業の

ことが気になってしょうがありません。

感情なども、家まで引きずってしまう。

授業の出来、生徒との会話、生徒達の

授業態度などによって、腹が立ったり、

心が弾んだり、落ち込んだりすると

家に帰っても、そういった感情から

なかなか抜け出せません。

あと、生徒達の言動で、許す範囲と

許すべきじゃない範囲の境界線

学校や教室でのルールを破るのが

生徒達。 それに対してを与える時

どこまで厳しく、どこまで寛容になるか。

その見極めで、いつも迷ってしまう私。

そういうのを生徒達は見逃さないので、

境界線をグイグイ押されてしまう。

生徒達の授業態度が悪化する時は、

私の叱り方が下手な時なんですよね。

また、ホリデー中の写真を紹介します。

100_1339

パースにもカラオケボックスあったん

ですねぇ。 1日目日本人のお友達に

連れて行ってもらい、次のに、また、

アフリカ人のお友達と行っちゃいました。

アフリカ人のお友達は、カラオケ

だったんですが、かなり気に入った様子。

楽しかったな~、また、行きたいです!

 ← 応援クリックお願いします♪

| | コメント (0)

PDの内容

1日遅れになってしまいましたが、

パースで行われたPDの報告です。

PDは、午前8時半からだったので、

私達、田舎組は、前日乗り込みで参加。

前回のブログでも書いたように、私は、

夕方5時頃に家を出たので、パース

着いたのは、夜の8時半過ぎでした。

泊まるホテルには、あまり期待してません

でしたが、思ったよりも豪華なホテル!!

ホテル代は、DET(Department of Education)

持ちなので、ラッキー!と思いつつ部屋の

ドアを開けると・・・

「ハロー!」

韓国人女性が2人、笑顔で、お出迎え。

1人部屋だと思い込んでたからビックリ! 

思わず笑顔が引きつり固まっちゃいました。

お互い自己紹介をしてみると、1人は、

私と同じように田舎に住む日本語教師

もう1人は、そのお友達でした。

改めてホテルの部屋を見回してみると

キッチンリビングルームをはさんで

右と左にベッドルームが1つずつ。

100_1343

1部屋は、キングサイズのベッドが1つ

もう1部屋は、シングルベッドが2つ

100_1344

どちらの部屋も専用のスパとトイレ付き。

100_1345

キッチンは、台所用品もそろってるので、

自炊もできるし、もちろん、冷暖房完備。

テレビは、リビングと各部屋に合計3台

豪華ぁ~! (って思うのは、私だけ?)

PDに参加した感想は・・・ 楽しかった!

Secondaryでは、1つの学校に2人以上の

日本語教師がいることもありますが、私の

学校のように日本語教師は1人だけという

学校も少なくありません。

そんな私達にとって、日本語教師が集まり、

お互いの悩みを話したり、DETの文句を

言ったり、教材や授業のアイディアを交換

したり、アセスメントの仕方を話し合ったり

する機会は、絶対必要だと思います。

生徒達のやる気のなさに失望したり、

授業態度に悩んだり、試行錯誤

連続なのは、私だけじゃないとわかった

だけでも、参加した意味がありました。

ただ、7時間のPDの後、また、3時間半

運転して帰り、次の日、学校っていうのは、

ちょっと (いや、かなり) きついですけど・・・

 ← 応援クリックお願いします♪

| | コメント (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »