« 初出勤 | トップページ | 移住の条件 »

リアルワールド

前回、ブログを更新したのは、1月末でしたが、

あれから半年が経ちました。 早いものです。

前回の記事で書いていた日本語以外の科目を

教えるという話ですが、1学期と2学期、私は、

Drama&MusicHealthを教える羽目に!

大学で一通り全科目の教え方を勉強したとは

いえ、実習先では、教える機会がなかった科目。

正直、何度も、何度も、泣きそうになりましたよ。

でも、なんとかしなきゃいけなかった。

始めは、他の先生が教えてる授業のサポート

いいという話だったのに、新学期が始まってから

クラス数が増えたり、新しい先生が急に辞めたり

して、結局、私が何もかもをすることに・・・

生徒達も日本語以外も教えられるの?って目で

見てくるし、私だって自信がない。

主要科目じゃないといっても、2学期の末には、

テストをして、成績だって付けなきゃいけない。

七転八倒しているうちに、なんとかなったのか

どうかはわかりませんが、いつの間にか無事

半年が過ぎ、私は、今も教師を続けています。

オーストラリアで日本語を教えられるのなら、

どこへでも行こう、どんな苦労もしようと思い、

勝ち取ったビジネスビザ。 

なので、教師1年目の去年は、とにかく必死で

何も見えなかったけど、2年目の今年は、色々

周りが見えるようになってきたからか、悩みも

つきない。 誰でもそうなんでしょうか?

教師は、私にとって、天職なの?

私って、ほんとに子供が好きなんだろうか?

このままオーストラリアでずっと働きたいの?

オーストラリアで教師になることを夢見る人が

聞いたら、贅沢な悩みだと思うかもしれない。

でもね、生徒を上手く叱れなかった時、

授業が思うように進められなかった時、

生徒から悪意のあるイタズラをされた時、

思ってしまうんですよね。 

このまま教師を続けてていいのかなって。

教師の影響力って、大きいと思うから。

教師なら、誰もが通る道なんだろうか?

経験をつめば、こんなふうに悩むことも

少なくなるんだろうか?

去年は、自分の長年の夢が叶ったことに

酔いしれてただけ。 これが現実の世界?!

今年が勝負の年ってことのようです。

18sora_018

パースにいた頃のシェアメイトが、はるばる

遊びにきてくれました。

彼女(右)も、大学で教育学を学ぶ学生です。 

 ← 応援よろしくお願いします♪

|

« 初出勤 | トップページ | 移住の条件 »

コメント

ひなさん、はじめまして。
ブログ拝見させていただきました。
僕は隣のSA州で日本語教師をしていて今年で3年目です。アデレードまで車で7時間位かかるど田舎で教えています。ひなさんの大変さ、よく分かります。僕も1年目は地獄でした。2年目は少しましでしたが、でもかなり大変でした。3年目はだいぶ楽になりました。今年はReception(Grade1の一つ下)から11年生まで教えています。
日本語以外の科目を教えているのはすごいことだと思います。あっぱれです。
SA州はホリデーまであと1週間です。WA州はいつからですか。お互い頑張りましょう。応援しています。

投稿: よし | 2008年9月19日 (金) 22時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 初出勤 | トップページ | 移住の条件 »